森の図書室

森について、木について、
知ってほしいことが、たくさんあります。

誰かに話したくなる小ネタ

木は地球温暖化の原因となるCO2を吸収しながら成長していることを知っているヒトは多いかもしれないね。では、伐られて木材になった後でも、吸収したCO2を大気中に出さずに、炭素として閉じ込め続けることは知っているかな?一般的な木造住宅(147㎡)は、杉の木1570本が1年間に吸収するCO2量に相当する炭素を閉じ込めているんだ。それは約900㎡、つまりテニスコート約3.5面分の森が蓄える炭素量に匹敵するほど。木は建築資材として見ると、コンクリートや鋼材に比べて製造過程で出すCO2 排出量が少ないというデータもあるから、木の家を建てることは、地球温暖化防止などの環境配慮につながるんだ。

 

おすすめ記事

木の家は、森と同じ。