森の図書室

森について、木について、
知ってほしいことが、たくさんあります。

にっこり
日本の木

八女提灯(やめちょうちん)

人を想う心といっしょに受け継がれてきた提灯。

お盆のときに提灯が飾られているのを見たことがあるかな?
八女提灯は、福岡県八女市の伝統工芸品で、
江戸時代にお盆用の灯りとしてつくられたのが起源。そこから、ご先祖さまを供養するための迎え火・送り火として使われるようになって、全国に広まったんだ。提灯は、故人のために親戚から贈られるものだったので、提灯に貼る素材に美しさが求められて、和紙から高級な絹になり、絵柄も色鮮やかなものに変わったんだよ。

下書きなしで描かれる美しい絵柄。

提灯の絵柄は、専門の絵師が描いているんだよ。
下書きはなし、はじめから色のついた筆で描くんだ。提灯にほ骨組みの凹凸のあるし、丸みがあるので、そこに美しくて細やかな絵柄を描くのはとても難しい。明治時代には提灯をたくさんつくるために、筆を2本握って同時に2本の線を描く技も生まれたんだ。マネできないスゴイ技だね。

提灯に貼られる絹が光を美しく見せるんだ。

絵柄は下書きなしで描いていくよ。